家

外壁塗装の業者には必ずしも優良とは限らない|目を養う

  1. ホーム
  2. 住宅塗装の一連の流れ

住宅塗装の一連の流れ

ペンキ

手抜きのない丁寧な作業

越谷市にある自宅の外壁塗装を業者に依頼すると、現地調査をして、必要に応じて外壁や付帯箇所の修復が必要になることがあります。その場合は、外壁塗装の途中で修復作業が入りますが、修復がないとして手順について説明します。業者の中には足場を組まずに作業を行うところもありますが、越谷市の外壁塗装専門業者ではほとんど建物の周囲に足場を組むことからはじめます。そして、高圧洗浄で外壁についた長年の汚れを丁寧に洗います。なかにはブラシでゴシゴシ洗うところもありますが、越谷市の専門業者ではこのようなところはないはずです。窓ガラスなど塗装しない部分には養生シートで塗料がつかないように養生を行います。養生シートの境目の部分で塗装の線が決まりますので、養生作業も重要なのです。外壁塗装はただ壁面を綺麗にみせることが目的なのではなく、水分の侵入を防ぎ建物を長持ちさせるために行います。そのため、本塗装の前に下地処理とシーリングの打ち変えを行います。越谷市の信頼のおける業者であれば、シーリング材を上に盛るだけでなく、全てを張りかえてくれるため柔軟性を維持することができます。塗装は一般的に3回行います。下塗りは厚みのある塗料を使い、被膜を作ります。中塗りと上塗りは外壁の色を決める塗料を使って塗ります。一度塗りでも最初のうちは見た目が変わりませんが、長い期間で比べてみると違いは明らかです。塗装作業が終わったら、養生シートや足場を撤去して外壁塗装作業は終了となります。